Dr. Andy's Iodine LF ヨウ素の生い立ちと海外での臨床結果について説明しますね | 医療法人社団 悠健 ドクターアンディーズクリニック | 超早期がん・がん検査・予防・治療

Dr. Andy

  • TEL03-3401-0756

Dr. Andy's Iodine LF ヨウ素の生い立ちと海外での臨床結果について説明しますね


令和元年5月1日から、コロイトヨードは、新たにDr. Andyが院内で調剤する「Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素」に代わりました。当院のDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法については、さらなる治療効率を独自に追求するため、当院オリジナルの処方により「Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素」を院内で調剤して患者様の治療に供することとしました。また、点滴に用いる製剤に関しては、必ず事前にエンドトキシンの検査を実施しております。

ドクターアンディーズクリニックは、1989年に六本木で開院し、31年を迎えました。平成30年に、医療法人社団悠健に変身して、より広く、地域社会・国際社会に貢献できるように、これから、一層努力してまいります。ドクター・アンディーは、開院するまでに、救急救命医療、麻酔科、外傷学、整形外科腫瘍学、形成外科微小外科を経て、基礎研究でガン細胞培養研究、免疫細胞培養研究、医薬品の経皮膚吸収システム(TDDS)の研究など、医療の新たな可能性について学びました。様々な医療の現場で従事したことにより“命の活性化”、“昨日より明日はもっと元気に”豊かな人生をおくるための医療を届けたいと強く感じております。時代の流れとともに変化してゆく病気や悩み。ドクター・アンディー自身も、常に学びながら皆さまへアドバイスや、治療が出来ますよう全力を尽くしていきたい。ドクター・アンディーは、あなたのお悩みを聞き、治療し、解決します。ドクターアンディーは脂肪溶解専門メソセラピストでもあります。ドクターアンディーのもう一つの専門はがんへの集学的療法です。医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認定した認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、第三種再生医療等提供計画番号を取得した医療機関です。ドクターアンディーズクリニックは、がんへの集学的のアプローチは、免疫細胞療法、遺伝子療法、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンCなどの補助療法のほかに、エクソソーム・核酸療法の勉強を行っています。

●ヨード技術の歴史と進歩

1811年  フランスの化学者がヨードを発見。元素である事を確認。
1828年  ヨードチンキ開発。外傷の殺菌、消毒剤として利用される。
1919年  薬学の大家 牧野民蔵、千代蔵兄弟が有機ヨードの薬効解明と製造に成功。
1921年  牧野民蔵医学博士が無機から有機への転換技術を開発。
1950年  広島原爆者救済のため、1年間治療に貢献。優れた効果を示す。
1980年  佐藤一善医師 米カリフォルニア・アトキンソン研究所で超微粒子金属コロイド化学の研究を2年間行う。以降、独自に十数年間研究し、臨床医学に尽力。
1990年  無機ヨウ素が有機ヨウ素に変換する過程の解明研究に着手し、翌年世界で初めて完全解明に成功。高品質のコロイドヨウ素液の開発に世界で初めて成功する。更に、安定した製造技術を確立する。その後、コロイドヨウ素液の経口剤、注射液の試薬の生産を開始する。
1996年 ラットにおける経口投与毒性試験にパスする。
2000年 眼病点眼液、アトピー性皮膚炎や皮膚疾患用の全身浄剤薬、薬用基礎化粧品等の開発を行う。
2003年 海外において臨床を始める。タイ赤十字病院でDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素の臨床を行う。
2004年 海外での臨床の驚異的な結果により、WHO (世界保健機構) から、あらゆる難病に対し効果が期待出来るとして、全世界における臨床特別許可が与えられる。
2010年 タイ赤十字病院で経口飲料と注射液治療にて、HIV/エイズ罹病者の顕著な治療効果が認められる。

日本のがん治療は、主に学会などが取り決めた治療の手術療法、放射線療法、化学療法(抗がん剤)の三大療法になります。日本ではがんになってしまった方の約85%がこの三大療法を選択しているようです。しかし、米国では8%、カナダに至っては3%の患者様しか三大療法を選択していないという現実があります。
日本は代替医療の後進国です。それは公的医療保険制度が充実しているので、最先端の西洋医学が保険適用で受けることができるからです。多くの日本人の意識の中に、保険適用で治療を受けられるなら、わざわざ「代りの代替医療」を受ける必要はない、という考え方の患者様も多いと思います。
しかし、西洋医学の本場と思われているアメリカでは、代替医療がとても盛んです。日本では、厚生労働省と国立がん研究センターが共同で作成した「がんの補完代替医療ガイドブック第3版」によると、2005年段階では44.6%のがん患者が何かしらの代替医療を受けています。この数字を見ると代替医療を受けている人たちは、多いという、感じるのではないでしょうか。しかし、通常のがん治療と並行して代替医療を受けているという話は耳にした事はございますか?一般の人が代替医療をした事があると聞いたことがないと感じているのに、なぜ調査をすると44.6%ものがん患者が「代替医療を受けている」と答えるのでしょうか。それは、国内のがん患者が受けている代替医療は、ほとんどが「健康食品・サプリメント」だからです。健康食品やサプリであれば、健康な人でも日常的に使っています。ですので、がん患者が治療目的で健康食品とサプリを使っていても「代替医療をやっている」という印象を持てないのでしょう。別の調査によると、アメリカとカナダでは、がん患者の80%が代替医療を受けているのです。通常の医療費より、代替医療にかける医療費のほうが高い状況だそうです。

Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素について、詳しくはここから

がん治療には、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素と大量自家血オゾン療法
http://future-drandy.com/new/3061/
Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素で糖尿病を治しましょう。
http://future-drandy.com/new/3411/
オゾン療法(血液クレンジング)
http://future-drandy.com/new/2829/
オゾン療法(血液クレンジング)
http://future-drandy.com/new/3093/
がんにDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素。治療よりも「予防」です
http://future-drandy.com/new/4048/
がんは一種の老化です。Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素で治療するよりも老化を遅らせることが重要です
http://future-drandy.com/new/4045/
Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素は、がんの末期に
http://future-drandy.com/new/4042/
末期がん治療にはなぜDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素か?
http://future-drandy.com/new/4029/
末期がん治療には、Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素は一つの選択肢
http://future-drandy.com/new/4027/
Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法は各種末期がんに有効性
http://future-drandy.com/new/4024/
Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法は各種末期がんに有効性
http://future-drandy.com/new/4024/ 
Dr. Andy’s Iodine LF ヨウ素治療とは
http://future-drandy.com/new/4015/

脂肪溶解メソセラピーはこちら