最先端リキットバイオプシー(CTCs検査)は、なぜそんなに重要でしょうか? | 医療法人社団 悠健 ドクターアンディーズクリニック | 超早期がん・がん検査・予防・治療

Dr. Andy

  • TEL03-3401-0756

最先端リキットバイオプシー(CTCs検査)は、なぜそんなに重要でしょうか?

最先端のCTCs検査はがん幹細胞様細胞とcluster CTCが検出できるのです。

 医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認定した認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関です。また、Dr. Andyは、がんのエッセンシャル統合療法を発足し、海外からの患者様には大変人気を集めています。がん早期発見・治療経過を反映するリキッドバイオプシー「血中循環腫瘍細胞(CTC)」によるPD-L1, ctDNA, cfDNA, exosomeDNA, がん幹細胞他をはじめ、特殊遺伝子検査「Guardant360:ガーダント360」、がんの検査を一早く導入しているクリニックです。「がんの消去」を目指すエッセンシャル統合療法は、これらの精密検査を含んだDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法、がん免疫細胞療法、遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、がん患者様用食事療法の集学的な療法の総称です。31年の歴史のある当クリニックは、地域・国際医療貢献をしている。がんでお悩みの方は、是非一度お気軽に当クリニックにご相談ください。

「がんの消去」、「がんが住みにくい体づくり」を目指すエッセンシャル統合医療をおこなっています。こうした多方面からがんの集学的療法をおこなうことで、早期がんの発見から、末期がんの治療まで幅広いがん治療を提供するのが当クリニックのがん治療の特徴です。現在クリニックではカナダトロントにラボを設置し、各方面の専門家が日々研究をおこなっています。今後も科学者の方々と研究・開発を進め、迅速で効果的な治療を提供したい。
さらに、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。

がん幹細胞が自らを育む環境を作り出すことを発見

 がん幹細胞とがん幹細胞ニッチ(がん幹細胞を育む微小環境)は近年のがん研究の大きなトピックスとなっている。1990年代後半から免疫不全マウスに移植したときにがん化する、あるいは少ない数でも培養によってがん化する細胞が次々と発見され、がん組織の中にわずかにがんの幹細胞があるという仮説は有力になっている。

東京大学医科学研究所分子療法分野/がん分子標的研究グループの後藤典子特任准教授らのグループは、このほど、乳がんのがん幹細胞が自ら増殖しやすい環境を作り出す分子メカニズムを発見した。がん幹細胞は、培養すると直径100μm程度の球状の細胞塊(スフェア)を形成し、このスフェアはがん幹細胞ニッチとなって、がん細胞を増殖させることが知られている。

がん幹細胞とニッチ

幹細胞ニッチは、がん幹細胞の〝ゆりかご〟〝スフェア〟の役目を果たす黒幕のような存在です。

がん幹細胞を取り囲む幹細胞ニッチは、「間質細胞・免疫細胞(白血球等)・血管内皮細胞・その他」で構成されています。

そのような幹細胞ニッチはがん幹細胞にとって好ましい存在であるのは言うまでもありませんが、特に血液中では、がん幹細胞がニッチ細胞をつくり出し、それを自らの生息のために利用するという報告もあります。

そもそも、幹細胞ニッチは、正常の組織幹細胞の生存・分裂を調節するものです(ケガをした箇所の修復等)。 その機序をがん幹細胞は自身の生存・分裂に利用し、反映させています。 こうして、幹細胞ニッチによって、がん幹細胞は、免疫や低栄養、低酸素などに左右されず育っていきます。

また、幹細胞ニッチの性質が変化することで、がん幹細胞は急激に増大することもあれば、縮小することもあります。進行性のがん治療を行う場合、このニッチ細胞の存在を忘れてはいけないのです。

最新の研究から、幹細胞ニッチは細胞毒性をもった抗がん剤から、がん幹細胞を守るとしての機能をもっていることが分ってきました。そして、‘cluster CTC’として解釈されている CTM(circulating tumor micro-emboli)はその幹細胞ニッチのひとつです。cluster CTCに対する攻撃はこれからのがん治療ではないでしょうか?

がん幹細胞ができるルートの一つとして、「通常の組織を作る幹細胞や幹細胞の前駆細胞に遺伝子変異が起こり、がん化した場合に強い自己複製能を持つがん幹細胞となるのではないか。がん種ごとに特有のがん幹細胞があるというより、患者さんによって、がん幹細胞の由来や生まれ方は異なると予想している」と話す。がんが限局している場合は手術でがん組織を切除したり、薬物療法や放射線療法で叩いたりすれば、がん幹細胞も成熟したがん細胞とともに切除され、壊されるが、それが何らかの理由で残ったり、離れた場所に隠れていたり、別の幹細胞に重大な遺伝子変異が起こったりすると、増殖や再発、転移が起こるというわけだ。解き明かされつつある、がん幹細胞やがん幹細胞ニッチの存在と機能。がん研究とその治療法の開発は新しい段階に進むのか、後藤特任准教授らの研究の今後に注目したい。

2017年ネイチャーメディシンによる幹細胞の新しい概念
成体幹細胞(正常)もガン幹細胞も、

・分化と脱分化を行ったり来たり。

・分化した細胞も再プログラミングされ幹細胞に脱分化。

・常にニッチに一定量の幹細胞を存在させる。

ガン幹細胞の場合は、

・当初はニッチシグナルに依存し、腫瘍組織を形成するが、しだいに遺伝子変異が積み重なっていくと、ニッチに依存しなくなり悪性化が進行する。

EMT(CTCType.2)は転移先に到達すると、上皮状態を復帰 (Type.1)させるなど、そのダイナミズムも次第に明らかにされつつあります。

 詳しくは医療法人社団ドクターアンディーズクリニックまで

脂肪溶解メソセラピーはこちら