こっちも痛い、あっちも痛い! 慢性の痛みに悩んでいます。あなたは大丈夫かな? | 医療法人社団 悠健 ドクターアンディーズクリニック | 超早期がん・がん検査・予防・治療

Dr. Andy

  • TEL03-3401-0756

こっちも痛い、あっちも痛い! 慢性の痛みに悩んでいます。あなたは大丈夫かな?


医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認定した認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。
また、Dr. Andyはがんのエッセンシャル統合療法を発足し、海外からの患者様には大変人気を集めています。がん早期発見・治療経過を反映するリキッドバイオプシー「血中循環腫瘍細胞(CTC)」によるPD-L1, ctDNA, cfDNA, exosomeDNA, がん幹細胞他をはじめ、特殊遺伝子検査「Guardant360:ガーダント360」、がんの検査を一早く導入しているクリニックです。「がんの消去」を目指すエッセンシャル統合療法は、これらの精密検査を含んだDr. Andys Iodine LF ヨウ素療法、がん免疫細胞療法、遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、がん患者様用食事療法の集学的な療法の総称です。31年の歴史のある当クリニックは、地域・国際医療貢献をしている。がんでお悩みの方は、是非一度お気軽に当クリニックにご相談ください。
「がんの消去」、「がんが住みにくい体づくり」を目指すエッセンシャル統合医療をおこなっています。こうした多方面からがんの集学的療法をおこなうことで、早期がんの発見から、末期がんの治療まで幅広いがん治療を提供するのが当クリニックのがん治療の特徴です。現在クリニックではカナダトロントにラボを設置し、各方面の専門家が日々研究をおこなっています。今後も科学者の方々と研究・開発を進め、迅速で効果的な治療を提供したい。
さらに、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。
 

再生医療第2種幹細胞による慢性疼痛治療とは
慢性疼痛は,日常診療において非常に多い症候で日本には1700万人が慢性疼痛を有していると考えられています。(日本人の7人に1人は痛みを持っている)がん、非がん性疾患等、様々な病因で発症し,難治のため 鎮痛薬投与が長期となり,治療に困惑することが多い神経症候である.一方,患者さんにとっ ては毎日の痛みに耐えることや他の人に見えない症状であるための生活の質や仕事に大きく影響しています。慢性疼痛に関するまとまった治療指針はなく,医師個人の治療経験に基づいた治療が行われている現状だと思われます。
国際疼痛学会によって慢性疼痛は「治療を要すると期待される時間の枠組みを越えて持続する痛み,あるいは 進行性の非がん性疾患に関連する痛み」とされており 、慢性疼痛の要因には、侵害受容性、神経障害性、心理社会的という、3つの種類があります。これらの要因は、互いに密接に関連し、慢性疼痛を引き起こすことも多いです。
・侵害受容性
炎症や関節の変形、軟骨の変性などによって起こる痛み
・神経障害性
体性感覚神経系の病変や疾患によって起こる痛み
・心理社会的
感情の変化やストレスなどによって起こる痛み
心理社会的な疼痛はストレス要因を除外したり、環境を整えることで、改善する見込みがありますが、身体の変化や疾患による疼痛は薬物療法をメインとし、低周波治療など症状の部位や程度をふまえて治療していくことが多いです。
Dr. Andy`s Clinicで取り入れている、幹細胞治療の中で、自分の組織である、脂肪由来間葉系幹細胞を使って慢性疼痛の改善を図る治療法があります。
患者さん自身の脂肪の中にある、幹細胞(傷ついた組織を修復する役割)を増殖させて、点滴で自分の身体へ戻します。また、幹細胞は傷ついた組織を自分で探し、組織の修復をするといく特徴があります。身体に複数疼痛部位がある場合や、直接のアプローチが難しい部位には、とても効果的であると言えます。
また、一般的な疼痛治療薬である、鎮静剤、 末梢性神経障害性疼痛治療剤、麻薬等は全身にアプローチすることで、疼痛の改善はみられても、同時に眠気、胃・肝臓・腎臓への負担による副作用が必ずあり、管理の手間があることに加えて、効果も薬の種類によってかなり差がでてきます。
一方、幹細胞治療は自分の組織から増殖した細胞を使用しているため、身体への負担はなく、疼痛の改善が期待できます。
具体的には、損傷した神経を再生させること、損傷した神経細を修復させること、修復したことで身体の運動能力を向上させること(今まで今くて動かすことが出来なかった部位が動くようになる)ことです。
さらに、幹細胞の能力には、皮膚や赤血球、血小板など、私たちの身体を作り出すための細胞に分化する能力や、同じ機能の細胞に分かれる能力があります。(壊れた赤血球の代わりに、幹細胞が赤血球になります。)
赤血球だけでなく、骨や脂肪、心筋細胞に生まれ変わることができるため、痛みだけではなく、身体を作り替えることもスムーズに進めることができます。
詳しくは、医療法人悠健Dr. Andy`s Clinicにお問合せください。

脂肪溶解メソセラピーはこちら