がん幹細胞のニッチ(がんのゆりかご)を見つけるには | 医療法人社団 悠健 ドクターアンディーズクリニック | 超早期がん・がん検査・予防・治療

Dr. Andy

  • TEL03-3401-0756

がん幹細胞のニッチ(がんのゆりかご)を見つけるには


CTC(Circulating Tumor Cells)、血中遊離微細がんの検査目的は、がん幹細胞のニッチ(がんのゆりかご)を見つけることです。
医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認定した認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。
また、Dr. Andyは、がんのエッセンシャル統合療法を発足し、海外からの患者様には大変人気を集めています。がん早期発見・治療経過を反映するリキッドバイオプシー「血中循環腫瘍細胞(CTC)」によるPD-L1, ctDNA, cfDNA, exosomeDNA, がん幹細胞他をはじめ、特殊遺伝子検査「Guardant360:ガーダント360」、がんの検査を一早く導入しているクリニックです。「がんの消去」を目指すがんエッセンシャル統合療法は、これらの精密検査を含んだDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法、がん免疫細胞療法、遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、がん患者様用食事療法の集学的な療法の総称です。31年の歴史のある当クリニックは、地域・国際医療貢献をしている。がんでお悩みの方は、是非一度お気軽に当クリニックにご相談ください。
「がんの消去」、「がんが住みにくい体づくり」を目指すがんのエッセンシャル統合医療をおこなっています。こうした多方面からがんの集学的療法をおこなうことで、早期がんの発見から、末期がんの治療まで幅広いがん治療を提供するのが当クリニックのがん治療の特徴です。現在クリニックではカナダトロントにラボを設置し、各方面の専門家が日々研究をおこなっています。今後も科学者の方々と研究・開発を進め、迅速で効果的な治療を提供したい。
さらに、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」の再生医療等提供計画を提出、受理され、登録した公的医療機関でもあります。
進行がんや転移がんの患者では、がん細胞が血液中に入り、体内を循環していることが知られています。このようながん細胞を「Circulating Tumor Cells(血中循環腫瘍細胞):CTC」と称し、CTC検査は血液中を循環しているがん細胞を検出する方法です。
がんの転移や治療効果の指標としてのCTC検査は、画像検査では見えない微細ながん(3mm以下)も検出可能なことから、超早期がんの発見にも期待できます。
検査の目的
① がんは、必要な栄養分を血液中から得るために新しく血管を作り出します。(血管新生)
② がんは、進行すると作り出した毛細血管などを通って血液中に入り込み、体内を循環します。
③ がん細胞が血流を介して、他の臓器に入り込み、そこで新しくがん組織を形成します。(転移)
④がんのエッセンシャル統合医療の治療効果、予後を見ることはできます。
血中循環腫瘍細胞(CTC)は、白血球の目印であるCD45を発現していない細胞で、がん細胞の目印であるEpCAMとCytokeratinの両方を発現している細胞と定義されています。ところが、これまでのCTCの研究において、EpCAMを発現しない「CTC」(例えば、上皮間葉転換(EMT)を起こしたがん細胞など)が存在することが報告されています。そのため、従来法であるEpCAMエンリッチ法(抗EpCAM抗体でがん細胞を捕捉する方法)では、未発現CTCを見逃しているという報告があります。そこで、当院ではCD45抗体マイクロ磁気ビーズを使用して、白血球の目印であるCD45を発現している細胞を枯渇させ、その他の細胞を濃縮して、CTCやEMTを起こしたがん細胞を見逃すことなく検出するMACS CD45 depletion法を用いています。 CTC検査は、現存のPET、X線などの画像診断、腫瘍マーカーのPSA、CA125、CA15-3 に比べさらに早い段階でがんを発見する可能性があるとされております。
微細がんとは
固形がんはPET、MRI、CT、エコー、X線等の画像検査で陰影として発見され、病理組織検査により確定診断されます。画像検査では3mm以下のがんの検出が難しく、血液の腫瘍マーカー検査もがんの確定診断には至りません。一方、早期がんと呼ばれる10mm程の大きさに増殖するまでに約10年以上もの長い歳月を要するといわれています。近年、大きさが3mm以下の微細ながんの時期からCTCが血液中に存在していることが報告されました。 微細がんは、超早期がんの原発部位や転移したばかりのがんです。CTC検査は、間接的検査の腫瘍マーカー検査と異なり、直接がん細胞を見つけるので、早期に微細がんを見つけることが期待されています。
医療法人社団悠健Dr. Andy‘s Clinicのがんのエッセンシャル統合医療は、人の身体や細胞の仕組みを理解、考慮して、研究を重ね考えられた治療方法となっています。
がんのエッセンシャル統合医療について詳しくは、医療法人社団悠健Dr. Andy’s Clinic

脂肪溶解メソセラピーはこちら