Dr. Andy

  • TEL03-3401-0756

「がんの消去」を目指すエッセンシャル統合医療 その2 がんの進行について


医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、厚生労働省が認定した認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療第三種「がん免疫細胞療法:NK細胞療法, αβT細胞療法、γδT細胞療法、樹状細胞(DC)ワクチン療法、NKT細胞標的療法」の再生医療等提供計画承認を取得した公認医療機関です。また、Dr. Andyはがんのエッセンシャ統合療法を発足し、海外からの患者様には大変人気を集めています。がん早期発見・治療経過を反映するリキッドバイオプシー「血中循環腫瘍細胞(CTC)」によるPD-L1, ctDNA, cfDNA, exosomeDNA, がん幹細胞他をはじめ、特殊遺伝子検査「Guardant 360:ガーダント360」、がんの検査を一早く導入しているクリニックです。「がんの消去」を目指すエッセンシャル統合療法は、これらの精密検査を含んだDr. Andy’s Iodine LF ヨウ素療法、がん免疫細胞療法、遺伝子療法、大量自家血オゾン療法、高濃度ビタミンC療法、がん患者様用食事療法、温熱療法などの集学的な療法の総称です。31年の歴史のある当クリニックは、地域・国際医療貢献をしている。
「がんの消去」、「がんが住みにくい体づくり」を目指すエッセンシャル統合医療をおこなっています。こうした多方面からがんの集学的療法をおこなうことで、早期がんの発見から、末期がんの治療まで幅広いがん治療を提供するのが当クリニックのがん治療の特徴です。現在クリニックではカナダトロントにラボを設置し、北米の各方面の専門家が日々研究をおこなっている成果をアジアに発信し、また、今後も科学者の方々と研究・開発を進め、迅速で効果的な治療を提供したい。
医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニックは、さらに、厚生労働省が認定した特定認定再生医療等委員会によって、安全性、有効性等について審査を受け、再生医療第二種「脂肪由来間葉性幹細胞による慢性疼痛治療」の再生医療等提供計画承認を取得した公認医療機関でもあります。
さて、今回は「がんの進行」のについて、お話ししますね。
癌細胞が発生してからがんの症状が出るまでの期間
がんが怖いのは、他の組織へ浸潤したり、他の臓器へ転移したり、大きくなり臓器を圧迫する所です。体内に癌細胞があったとしても、大きくならずにそこに留まっているのであれば、がんはそれほど怖い病気ではありません。
しかし、がんは他の細胞よりも成長速度が早く無限に増殖していく特徴があります。成長するためには栄養が必要になりますが、がんは栄養を補給するために新しい血管を作り(血管新生)、正常細胞に行くはずの栄養を奪い取ってでも成長を続けようとします。
癌細胞が増える仕組みは他の細胞と同じく、細胞分裂により倍・倍と増えていきます。しかし、癌細胞が生まれてから、一般的ながんが検査で見つかる大きさになるまでには約10年~15年かかると言われています。
一般的な検査でがんが見つかるのは約1センチの大きさになった時です。この時、重さは1グラム、細胞数は約10億個です。1センチの大きさで見つかればがん種類によって早期発見と言えますが、実はがんが生まれてから既に10年以上経過しているのです。最近、当院の研究では、リキットバイオプシーでステージ0、数ミリの癌細胞を見つけることが出来るようになりました。
症状の出方は人によって変わりますし、がんができた部位によっても症状が出るまでの期間が変わってきますが、おおよそ2~3センチの大きさに成長すると症状が出てきます。(場合によっては5センチ以上の大きさになっても目立った症状が出ない場合もあります。)
がんの恐ろしい増殖スピード
がんは大きくなればなるほど成長速度が早くなります。がんが大きくなるということは細胞数が多くなるということですので、増えた細胞がそれぞれに細胞分裂していき、がんは瞬く間に大きくなっていきます。
増殖期になる頃には全身に転移している可能性が高く、がん幹細胞の存在のため、がんの増殖を抑えることは難しいでしょう。仮に抗がん剤でがんが半分の大きさになったとしても、耐性によりいずれその抗がん剤が効かなくなれば、再びがんは物凄い速度で増殖していくことになります。
がんは完全に死滅するまで増殖を続けます。早期がんの状態であれば、手術で治ったり、自然消滅する事もしばしばあるのですが、他の組織へ浸潤するような進行がんの状態になってしまうと、治癒するのがとても難しくなります。
手術で全て取り切ったと思っても検査や目視では見つけられないような微小ながんが残っていて冬眠し、それが大きくなりがんが再発します。また、転移していたがんが大きくなることもあります。



がんになりやすい食べ物とは!
早期発見に役立つと言われるPET
X線検査やCT検査で見つけられないような数ミリのがんを見つけるのに役立つのがPET検査です。しかし、PET検査では見逃されるがんが多く、あまり当てになりません。当院でのリキットバイオプシーはより確実の検査の一つでもあります。
早期発見しても再発・転移する可能性がある
がんは0.1ミリほどの大きさになれば転移する可能性が出てくると言われています。早期発見・早期治療で原発巣のがんを切除しても、既に転移している場合には、転移巣のがんが大きくなっていきます。
がんは転移する性質の有るがんと無いがんがあると言われていますが、当院でのリキットバイオプシーで、転移するがん化どうかはいち早く分かるようになります。
がんでお悩みの方は、是非一度お気軽に当クリニックにご相談ください。
医療法人社団悠健ドクターアンディーズクリニック
03-3401-0720
info@drandy.com

脂肪溶解メソセラピーはこちら